地球にやさしいアズレン日記

好きにプレイするだけの日記

【検証】爆撃機のダメージを検証してみたが・・・

コメント(0)
検証に使ったのはLv.120ツェッペリンちゃん。満面の笑みである。

標的役は主に12-4のユキカゼとアオバです。

これだけを見ると圧倒的にバラクーダの爆弾が強いように見えるが性能的には逆である。しかし、時間を追うと

爆弾のダメージステータスの差は50ほどであり、補正の差もあって直感的にはダメージの差が小さいように思えるが、実際にはかなりの差が付いている。

ダメージの差の方が大きいため、100lb爆弾の存在を無視しても総合ダメージはネームドSBDの方が上という結果になった。

しかし、ダメージの差が大きいため片方はいわゆる神風ダメージだろうか。

 

装備による変化

パーツをケチっているので+6止めである。

ユキカゼへのダメージが「少し」向上している。え、、? たったの7?

航空53盛って、である。

一方後に続くダメージは

右の光になったユキカゼへのダメージとの差は200近い差が発生している。一方アオバへのダメージ差は40弱と、被撃墜による変化が出ているのかもしれない。

左が最初のエフェクト付近で発生したダメージ。右は通過後最後の爆弾エフェクト付近で発生したダメージである。

明らかに最初の小ダメージ→最後大ダメージというパターンになっている。また、He50装備時に260程度のダメージが出ているのは装備の航空ステータス増加分が減ったため戦闘機の到達ダメージ(?)が減っていると考えられる。

  

わかったこと

以上より次の現象のいずれかが発生していることがわかった。

1-演習以外の通常戦闘でも到達ダメージのようなものが発生している

2-処理が最初数発の投下分、残り合計で計算が分かれている。

2はダメージの表記上ほぼ無いと考えられる。複数の爆弾が投下されて多段ダメージが発生しても合計ダメージ表記をする表示はないため、後のダメージは到達ダメージだと推測する。

コメントを書き込む


Protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

まだコメントがありません。

×